和のこと

なんだか惹かれるお茶屋さんの話

土曜は娘の習い事。
そのビルの隣に、古風なお茶屋さん(お茶っ葉、茶器、カウンターでたばこも売っている)があります。
ガラス戸で、店内の様子も見られます。

入ったことはないけれど、
な~んか好きで。

入り口に、直径40センチほどのガラスの大きな鉢。その中に、めだか、たにし、そよぐ水草。
娘は、習い事帰りに、毎週、めだかの観察をするのがお決まりごとです。

お客さんがいるのは見たことがないけれど、
店主とおぼしきおじさまが、ニコニコしながら外を眺め、店員さんのお姉さまお二人は、髪をひとつにまとめ、めがね、事務員風の制服で、せっせとお掃除。

なんとも古風。

先日も、バケツで何枚もの雑巾を洗っていました。そういえば、雑巾って久々に見ました。
クイック○ワイパーとかを使っていないところに萌え。

「あぁ、この人たちと関わりたい。でもお茶っ葉は家の在庫のティーバッグで十分だし、お茶道具も置く場所ないし、買うものないなぁ。」

お掃除しながら、めだかを見る娘をニコニコ見てくれる女性の店員さんに、
近くの神社への行き方を聞いてみました。

親切に、感じよく、だけど、なんだろう、こちらに媚びない、適度なこざっぱり感をもって、
道を教えてくれました。

なんだか、それだけで、清々しい気持ちになるわたし。

なんだろうなぁ、この心地よさ。

我が家のお茶っ葉在庫がきれたら、

こちらのお店で買うぞ♪

来週も、わたしのお茶屋さん研究は続く(笑)

ABOUT ME
はるかふる
ぎりぎり昭和生まれ/山形県出身/埼玉県在住 30代一児の母です。 日常の「あ゛~♪」という”萌え”を、ひとり勝手につづります。 ★好きなこと・もの★  着物、ゴスペル、ベース、和の雰囲気、コーヒー、エクササイズ
はるかふる公式メルマガ
はるかふる公式メルマガ配信中

無料メルマガ配信中です

ご登録はこちら