好きなこと

Trip to 長崎①~国宝級イケメンへの対処~

先週、長崎に行ってまいりました。

目的は、長崎は川棚にある
「四次元パーラーあんでるせん」
不思議ショーを観に。

今回から数回に渡り、
長崎旅について書きたいと思います。

そして、初めにお伝えしますが、
今回は、肝心の「あんでるせん」レポートには
たどり着きません(笑)

国宝級イケメンに出会ったら…

長崎。と言えばましゃ。

そう、2020の紅白歌合戦で
白組のトリをも務めた
国宝級イケメン・福山雅治さんの故郷です。

人の少ないがらんとした長崎空港に降り立つと
ましゃが前川清さんに楽曲提供した
『ひまわり』のメロディが
オルゴールの音色で聴こえてきました。

それから私の心は勝手にましゃモード

そして思い出しました。
ましゃのライブに行った時の思い出です。

(↓★ハウステンボスのど・洋風ホテルと日本の風景が混在。不思議な風情でした。)

 

——————————————–
国宝級イケメンに対峙した際、
人はどんな反応をするのか。

もはや対処です。

わたしの場合、
「見ないでぇ~!!!」
絶叫していました。

あれは、まだ結婚前の7~8年前、
夫とましゃ(福山雅治さん)の
ライブに行ったときのことです。

もともとは、夫の方が、
福山雅治さんのファンでした。

わたしは、
そういえばラジオが面白いよね
位のノリでしたが、

「せっかくなら」と、
ライブついていきました。

ましゃは、すごかった。

生歌も若いころより上手いし、
何より格好良かった。

顔も、スタイルも、声も、
実在する全てが格好良かった。

ラジオでは赤裸々トークをするけれど、
そのライブでのルックスは、
まるでおとぎの国の王子様みたいだ…
とほれぼれ。 

そして、ましゃは歌いながら、
横浜アリーナの広いステージを横断して、

わたしの客席に近づいてきました。

「こっちを見てみて~!」とばかりに、
まわりのファンの皆さまと同様に手を降って、
キャーキャー叫んでいたのにも関わらず、
一瞬、そのお顔がこちらに向けられた途端に

「見ないでぇ~!!!」

が出ました。

格好良すぎて、気絶する。
まぶしすぎて見ていられないとは
こういうことか…!

わかりやすい
「ずきゅん、ばたん」でした。 

——————————————–
ライブに初参戦してからというもの、
夫からましゃのCDを借りて聴き、
YouTubeにアップされていたラジオ番組を
さかのぼって聴きまくりました

当時は、結婚前の一人暮らし。
東京で、
会社の寮のワンルームで暮らしていました。

会社では、経営企画という部署で、
突如飛んでくるお偉いさんからの
質問に
正確な数字と、感じの良さをもって
色~んな意味で
的確に返答しなければならないという
謎のプレッシャーやら、

わたし自身が結婚予定で
数か月後に異動するからと、
本当は挑戦してみたかった、
わたしが担当するはずだった仕事も、
さっさと後輩に割り振られてしまう寂しさやら。

今考えればどうってことはないけれど
当時のわたしには、
行き場のなかった色~んな思い
感じていました。

そんなとき、暇になるとすぐに、
ましゃのラジオを聴いて笑っては、
そんな思い達を
「ふ~っ」と吹き飛ばしていました

ましゃがする下世話な話は許せる。
「もう~♪」
と言いながら笑っていられる。

圧倒的な清潔感と、
国民的スターとしての
絶対にファンを傷つけない心遣いに安心して
笑っていられるのです。 

お笑いは、
見えない心遣いの上に成り立っているな~
わたしの場合、そう感じています。 

——————————————–

余談ですが…
ましゃの結婚には、
当時新婚だったわたしもショックを受けました。

勤務中に、
会社の女性陣が皆でショックを受け、

支店長~、今日はもう仕事できません~
明日も出社できるか分かりません~

と、半ば本気で訴えました。

そんなたわいもない世間話が
とっても大切な思い出だったりします。

——————————————–
そうそう、長崎旅行をして、
もうひとつ気がついたこと。

ましゃは、ちょくちょく、
故郷・長崎の話や、

冗談で「育ちが悪いけ~の~」みたいな、
「ローカル感」を出してきます。

なんていうか、ずるい!(笑)

この「ローカル感」が、
わたしにとっての、

もうひとつの
ずきゅん、ばたん」ポイントだと
気づきます。

それがなんでだかは、
上手く把握できないのですが、

場所がどんなところでも、
故郷が感じられる人って、
な~んか、いいのです

平たく言うと、ストーリーが見える
ということなのでしょうか。 

田舎育ちのわたしだからなのか、
細か~なローカル感に、
「いいね~」と「キュン」とさせられるのです。

精一杯の今現在に、
少~しだけ折り込まれる
故郷のエッセンスがいいのかも。

昔の話ばかりも退屈だものねぇ。

ん?
好きな人だから、
故郷のストーリーが聞きたくなる?

あらあら、そもそも順番が逆でしょうか(笑)

——————————————–
長崎の海、山、田んぼ、畑。

一泊二日で、
ほとんど観光はしませんでしたが、
ましゃが見ていただろう景色が、
歌に流れているような気がして、
じんわり心が暖まった旅でした。

次回からは「あんでるせんツアー」と
そこに至るまで・帰宅後の奇跡体験
(アンビ〇ーバボー!)を
お届けします♪

それではお読みいただきありがとうございました♪

(↓★夕暮れのローカル駅。いい感じ~)

ABOUT ME
はるかふる
ぎりぎり昭和生まれ/山形県出身/埼玉県在住 30代一児の母です。 日常の「あ゛~♪」という”萌え”を、ひとり勝手につづります。 ★好きなこと・もの★  着物、ゴスペル、ベース、和の雰囲気、コーヒー、エクササイズ
はるかふる公式メルマガ
はるかふる公式メルマガ配信中

無料メルマガ配信中です

ご登録はこちら